個人年金保険と公的年金について

公的年金とは、収入の得られなくなった老後生活を、国が保障する制度になります。国民対象者が強制加入することになり、世代間扶養しているという考え方になります。

フルーツ02
国民年金と厚生年金に大きく分けられ、会社員と公務員は両方に加入し、20歳以上60歳未満の方は、国民年金に加入します。被保険者1~3号に区分され、2号は雇用者、3号は2号の配偶者、1号は2・3号以外になります。

 
個人年金保険は、民間の保険会社が販売している、任意加入の金融商品です。細かい区分などはなく、保険料の支払い期間や受給開始や金額も、個人で自由に決めることが可能です。一定期間だけもらえる確定年金から終身年金など、商品の種類も豊富にあり、自分に合った保険を選ぶことができます。

 
公的年金には老後の保障だけでなく、被保険者が障害者になってしまった場合の障害年金や、遺族になった際の遺族年金があります。このような保障は個人年金にはありません。

 
現在支払っている年金は、高齢者世帯に年金保険料を支払っていることになり、自分の老後の蓄えとして支払っているものではありません。その点個人年金は、自分の老後の為の積み立てになり、老後の自分への仕送りをすることができるので、併用して加入することが安心に繋がります。