不足分の準備方法って?

これからの時代、公的年金の受取が生活を支えるだけの力を発揮するのかはある程度若い日本人全体が疑問を抱くところです。ですが個人年金保険ならば、あなたの描いた老後をあなた自身が実現できます。

 

 
各保険会社や金融機関が用意する個人年金には様々な利用方法があります。例えば月額を決めてこつこつと積み立てていくタイプや、一括である程度の金額を納めるタイプです。運用方法もそれぞれ特色があり、積立てたままの金額を受け取れる定額制や納めた金銭を運用することでより大きな金額を受け取る変額制です。
積み立て型の定額制は預貯金と似た感覚で利用する方が多いです。預けた金銭は指定の支払期間で預けただけ手元にかえってきます。また一括での納入から運用する変額制には退職金などのまとまったお金を利用するという方が多いです。こちらはいわゆる投資型年金で有価証券運用にリスクがある場合もありますが、現在は元本保証型が多く注意深く選べば損益をこうむることも少ないです。そして当然指定の支払期間でこちらも金銭がかえってきます。
一口に年金と言っても、私たちは国に任せて不安な思いを抱え続ける以外の方法をきちんと選択できます。健全な老後のために、これからは公的年金では不足するであろう金銭を自分の意志で用意する選択が必要です。

コメントは受け付けていません。