国民年金の特徴

国民年金とは、日本に住むすべての国民20歳以上60歳未満が加入することを義務とされた公的年金制度です。

 

 
この年金制度に加入している間は、年金保険料を払い続けることになります。その際の保険料の名称は立場によって変わってきます。
自営業や学生などの第1号被保険者の名称は変わりませんが、会社員や公務員など第2号被保険者で、会社員は馴染みのある”厚生年金”、公務員は”共済年金”と呼ばれています。
専業主婦など第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者で年収130万円未満の人は第3号被保険者とされ、名称もそのままです。支払いや手続きは、第2号被保険者が変わりに負担するため支払いは発生しません。ただし、年収が130万円を超えた場合は、第1号被保険者になり配偶者とは独立して年金保険料を支払う必要があります。
そして、この保険料の支払いを終了し、加入が原則25年以上の場合に年金の給付を受けることができます。
基本的には、給付を受けられるのは現時点で65歳になってからですが、諸事情により60歳から繰り上げ受給をすることも可能です。その場合、年金額が減額され、反対に、70歳まで受給を遅らせる、繰り下げ受給にすると増額されます。

コメントは受け付けていません。